counter カウンター 自爆大家の会 | 過去日記

自爆大家の季節

おまっとさんでした!(愛川キンキン風)。

皆さんお待ちかねの季節がやって来た。


12月と言えば、

上旬はボーナス支給で浮かれ、

その額面を見てガッカリ


下旬はクリスチャンでもないのに

クリスマスを口実に、しっぽり


年末はジャンボに夢を託し、

当然紙切れとなる


いつもどおりの行く年来る年で、

代わり映えのない元旦を迎える。


しかし今年は、

右を向いても、左を向いても、

不況、不況、不況のオンパレード。

どこを見ても暗い話ばかり。

そして追い討ちをかけるように、

師走はお金がドンドン飛んでいく。


福沢諭吉には羽が生えていて、

樋口一葉にはモーターがあり、

野口英世にはジェットエンジンが

付いていて


お財布から次々に飛び立っていく。




3人とも落ち着きが無いのね。



少しは私の財布でゆっくりしていけば

いいのに!と思う。

うふふ。


ATMを格納庫とすれば、

財布は滑走路か?

私を踏み台にして、旅立つお金たち!

そしてまた戻ってくるのだぞ!

こうして私の大切なお金は、

世界中に飛んでいくのだ。


さて、

「年末にお金が足りないのは

お札に飛行装置がついているからだ!」

と、信じてやまないヤリ手ジジイでR。


昨日、音楽の機材を車に積んでいた。

通りすがりの近所のおばあちゃんが、


「引越しするの?」


と、聞いてきた。

もちろん、


「仕事で使うんです」


と答える。


おばあちゃんからすれば、

荷物をたくさん積む=引越し

に見えたのだろう。

時期も時期だし。

なぜか切なくなった。

夜逃げに見えたのかもしれない。

私をじっと見ていたから。


昔から年末には、経済的に行き詰って

飛んでしまう人や企業が多い。

年内にケリをつけて、新年からは

新しいスタートを切りたいと願うのも

一因だろうと思う。


知り合いの不動産屋さんが言っていた。

「年末は怖いんだよ。

仲介でも手付け金をもらって消えちゃう奴が

多くてね。気をつけないと大変だから

こっちも気を使うよ。」

とのこと。


自爆大家の会にとっても重要な季節だ。

毎年この時期は、入会希望が増える




「セミリタイヤ」


「資産家」


「ビルオーナー」




を、夢見ていた人が





「人生リタイヤ」



「死産家」



「オレ追うなー(to借金取り)」





という風に変化しやすい時期だ。

つまり、行き詰るのだ。

たいていは素人大家から始めるため、

12月末で決算となる(青色申告の場合)。

収支を見れば、不動産投資の成績が

出てくる。

数字は正直だ。

頭に描いていた予想と、数字が合わない。

はて?





セミナーで聞いたのと違うぞ?






まあ、そんなものだ。

その数字を踏まえて手を打つのが

真の投資家だ。

学校の成績表が悪くても、命を奪わないが





投資の成績表は、


自分の命を奪うことがある。





今年の成績表をじっくりと見て、

来年を見据えて欲しいと思う。






また、バリバリいくぜよ。

ポチッと。

  ↓   

人気ブログランキングへ












自爆大家の会

あ、そうそう、さっき思い出した。

今回はインド人もビックリの辛口なので

ソフト路線を希望する方は

見ないほうが良い。



この話をすると若干1名、

「ジジイさん、俺の名前は出さないでね!」

と震えながら見ている人がいる。

安心して下さい。


私は下半身は柔らかいが、口は固いのでR。






そんなことはどうでもいい。






この「自爆大家の会」という言葉は

とある投資家との会話の中で

閃いた造語でR。

あまりに語呂が良いので

使ってみた。




定義については、本当に今さっき

樹木希林の二番絞りを飲みながら書いたので

変更があるかもしれない。

ほろ酔い加減が影響してる。



まず自爆大家とは

「投資家とサラリーマンという、まったく相反

する生き方なのに、ほんの一握りの

中途半端な成功話を真に受けて、

俺にも出来る!

と勘違いし、経済的な自由を得るために

レバレッジをかけて不動産を

購入したはいいが、思ったよりうまくいかず

あれ?おかしいな・・・

と思いながらも、カモネギとなって

色々なセミナーに出まくるも、

そんなことで状況が良くなるはずも無く、

逆に、堅実なサラリーマン時代には無かった

膨大な借金に押しつぶされて

結局自己破産してしまう大家。

または、投資家気取り。

もとい、エセ投資家。」

のこと。



そして自爆大家の会とは

「やはり投資はレバレッジですよねえ〜〜

ところで何戸お持ちですか?

200戸!それは素晴らしい!

私より多いじゃないですか。

どこの銀行から引っ張って来たんですか?

ふむふむそうですか。

私も今度融資をお願いしよう。

あなたは洗練された投資家ですね!

と、財務内容も考慮しない、まったくもって

意味も無い数字に一喜一憂し、

周りを見渡せば、こんなに借金してる人が

一杯いるじゃないか!

と、なぜか安心し、

本当は収支がギリギリなのに

それに気付かず、気付こうとせず、

自分自身の投資の結果から目を背け、

他人と同じことをしてるということに

やすらぎを覚えて、

傷を舐め合い、心を癒す人達がつどう会。」


こんな感じか?


一度全部消えてしまったので

出来は悪いが、言いたい事は

書けていると思う。


若干1名の投資家が言っていた言葉が

脳裏によみがえる。

「何億もレバレッジかけて、正直言って

正気の沙汰じゃないっす!!!」

これは話の流れから一部分を

取っている。

私も正直、正気の沙汰じゃないと

思う場合が多々ある。

他の人がやってると安心するのだろうか?

私にはよく分からない。

さすがに今回の件は、反発も多いのでは

ないかと思う。

この件は実例を含めて、

続編を書き進めて行きたいと思う。

まあだいぶ先だとは思うが。


クリックちゃ〜〜〜ん

 ↓
人気ブログランキングへ



1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

お問い合わせ

test

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

人気ブログランキングへ