counter カウンター 相棒1号 | 過去日記

大家力は、確実にアップしてた

杉の木の伐採の件で意気YO!YO!とした


私は、店子さんの話しに聞き入った。






うは、マンドくせえ。





面倒くさいを通り越すとこうなる。


確認する場所は、床、屋根裏、外壁。


そこで、まずはキッチンの床を確認。


確かにフカフカしている。


てか、確実にフローリングが傷んでいる。


すぐに床下へ潜入。


昔は床下がイヤだったが、大家になると


軽く「スネーク」気分を味わえるので


結構クセになる。


インカムがあったら最高なのにね。


うふふ。


床下を確認。


今すぐに抜け落ちることは無いが、







そのうち確実に抜けるだろう







ということは分かったので、考えた。


すぐにでも全フローリングを交換したかった


が、キッチンの家財が重量物ばかりなので


出来ない。そこで、家具転倒防止用の棒を


床下に配置。あっという間に修繕完了。


ベストではなく、現状でベターを選択しない


といけない場合もある。


なので、これでOK。


そして、外壁。


たしかに崩れているが、あまり風や雨にさら


れない場所であることと、この程度であれ


ば躯体に影響はないので、店子さんに


簡単な養生を依頼。


そして、一番の懸案事項だった屋根裏の








ちっちゃいおじさん







の件。どうやら彼は、季節労働者らしく、


冬に居座り、夏はいないらしい。


で、詳細を確認すると、網戸にモモンガ


が張り付いていたことがある、との証言。


犯人は、ちっちゃいおじさんではなく、


モモンガかもしれない・・・。


もし、屋根裏の住人がモモンガだったら、







ちゃんと賃貸契約を交わそう。






朱肉付きでね。利回りアップだ。


うふふ。


恐らく、屋根裏の住人はモモンガであると


店子さんに説明。そうなると、こちらで駆除


する事は不可能だし、捕まえたとしても


逃がすしかない。


現状では打つ手が無いので、


仲良く同居して欲しいと説得。


店子さんも同意。


ほら、一日で問題を解決出来たじゃないか!


昔なら対応に苦慮していたかもしれない


問題が、一日で解決した。


多少おおざっぱな気もするが、店子さんが


納得してくれればそれで良し。


たった戸建て一戸でも、大家力は上がるんだ


なあと強く思った。





人気ブログランキングへ

キッチンに後光が差してた

キッチンに入る。





何かがおかしい。





何かが。






ふと、床に落としていた視線をベランダ側に


上げてみた。






後光が差してるううううう!







ここ、実は日当たりの悪い物件で、過去に


7,9mの枝打ちクラブで、








推定25m








の杉の木を退治しようとして、フルボッコ


にされた物件なのだ。



「ゴリアテに素手で立ち向かうダビデ。」




みたいな、無謀な戦いを挑んだ場所だった。


その部屋に後光が差している。


そう、それはまるで私の背中で光っている


オーラと同じ色だった(やや誇張)。


大慌てでガラス戸を開けて、


空を見上げてみた。


あの忌々しい杉の木が、全て切り倒され


ていたのだ


状況が全く分からなかったので、店子さんに


話を聞いてみた。


すると、一年ほど前に行政の人が片っ端


から杉の木を切ってくれた、との事。


私は本当に驚いた。


過去ログでやり取りを見てもらえれば


分かると思うが、正直、行政には期待を


していなかったからだ。


交渉から数年、行政が動いてくれた。


これで一番の懸案事項だった日当たり問題が


解消された。


実は物件を売却することも考えていたが、


この時点で、その選択肢を削除。


テンションMAX。


しかし、物件の周囲をよく見てみた。








私の物件の周囲しか杉が切られていない。





賄賂でも渡したんじゃないのか?と


疑われるレベルで、私の物件の周りだけ


完璧に手入れがされている。


他に杉の木で困っている世帯が数軒あったの


だが、その周囲はまったくの手付かず。


おそロシア、おそロシア。


恐らくだが、





「おめ〜〜んとこはうるせ〜から、


杉の木切ってやんよ!


でも、他の連中は何も言わないから


切ってやんね〜〜YO!」





という、行政側の無言のアピールだったに


違いない。


やはりアメリカではないが、ちゃんと主張を


通すようにしないと、問題が解決しない


世の中になっているんじゃないかと痛感。


近所の方の心配をしつつ、上機嫌の私は修繕


所について、店子さんと意見を交換した。




だが、現実は甘くなかった。




どれくらい甘くないかと言うと、好きな女の


子とチューしたら、





コーヒー臭かった




レベルの切なさだ。





人気ブログランキングへ

ハッテン場

車を飛ばし、物件に到着。


周辺の発展ぶりに驚く。


相模原の物件なのだが、圏央道の延伸で


物件近くにICが出来る模様。


これで資産価値が上がるとは思わないが、


物件へのアクセスが飛躍的に良くなる模様。


これを俗に、







ハッテン場







というのだろうか?


ピュアな私には、


言葉の使い方がさっぱり分からない。


うふふ。




そんな妄想を思い浮かべながら、店子さんに


ヒアリングを開始。


まずはお宅の中を訪問。


大家で自分の物件なのに、店子さんのお宅に


お邪魔する時は緊張する。


でも、この感覚は忘れないでいたい


この空間は店子さんのものだからだ。


私はそれを提供しているだけに過ぎない。


横柄にならないように自分を戒めつつ、


緊張しながら床がフカフカするという


キッチンに入った。


むむ?


何かが違う・・・。


数年前に入ったキッチンと何かが違う・・。


不動産投資業界に伝説を残しつつある(3行


くらい)ヤリ手ジジイがキッチンで見た光景。



それはまさに








奇跡と呼べるものだった。








多分、不動産投資業界に新たな伝説を


刻む(4行目くらい)のではないかと思う。



そんな奇跡の物語が読めるのは、



ヤリ手ジジイのブログと、聖書だけ。


 ↓


人気ブログランキングへ







ちっちゃいおじさん、再び?

ここんとこ、まったく時間に余裕が無い。


先日購入した相棒2号のリフォームも


進んでいないので、正直焦っている。


そんな時にお約束でかかってくるのが、


店子さんからの電話。



店子さん


「は〜〜い、大家さん?元気してるう?


アベノミクスで資産がバイノミクスになっ


ちゃったから、来月からの家賃を多目に払っ


てもいーYO!」



なんて、夢物語のような電話だ。







だが、もちろん







夢で見ただけ







の話であるところが、実に清清しい。


店子さんからの電話で吉報というのは


まずない。


大体電話の内容としては



1、退去の連絡



2、家賃の値下げ交渉



3、修繕



私の場合、大体こんな感じで収まる。


で、店子さんからの電話に







出んわ!






とか幼稚な事をやっていると、









家賃未払い







の魔法で返されてしまうので、


素直に出る。


電話越しで、モジモジしている店子さんの


感じが分かる。


とても女性らしく、遠まわしな言い方で


こちらとしてもウキウキしてくる。




70代の女性だが。



要約すると、



1、床がフカフカする


2、壁が崩れてる


3、屋根裏に誰かがいる



これは・・・。


まさかの・・・。


ちっちゃいおじさんの再来?


リフォーム予定が大幅に狂うのが嫌だったが


、大家はサービス業。


すぐに相棒1号へと向かった。




人気ブログランキングへ

集中リフォームシリーズ

やることいっぱい、ゆめいっぱい。

僕の心は、君でいっぱい。

うふふ。

 ↓

人気ブログランキングへ
 





さて、昨日の物件調査。

今流行のスポット豪雨に遭遇し、調査を断念。


「妖怪・傘いらず」


として名高い、私を雨で阻むとは。

物件との相性を重視する私は、なんとなく

気が乗らなくなったので様子見をする。

フィーリングって大事だから。

結局横浜まで出て、ラーメンを食べて

帰ってきた。よく分からない一日だった。


さて、貸家のリフォームシリーズ。

実はお風呂の水位が下がってしまう。

湯船に水を溜めても、風呂釜の横にある

穴のところまで水位が下がってしまうのだ。

店子さんに聞いてみた。


「恐らく、風呂釜の配管の蛇腹部分から

漏れてるかもしれない。」


とのこと。

ちなみに店子さんでは直せないそうだ。

給湯器を外さないと中が見えないらしく、

直すとなるとガス屋さんも連れてこないと

いけないらしい。

そして設備屋さんをよく使うそうだが、

高い!とのこと。


「この修理だといい値段取られるよ。

古いから思い切って給湯器ごと

交換しましょう!

っていう流れになると思う。

そうなったら20万コースだね。」


恐ろしいことを言う人だなあと思った。

築18年を向かえた我が物件は、

ボチボチ給湯器も寿命になると思っている。

壊れてから直すか、先に直すか。

悩む。

蛇腹部分を修理しても、のちに給湯器本体が

壊れてしまった場合、二重にお金がかかる。

三万円以内ぐらいで収まれば考えるんだけど。

困った。

でも、こんな時。



たろうさんなら・・・




たろうさんなら・・・





たろうさんなら


何とかしてくれる!





と、思ってブログ上から尾根ギアする。


元書記長とはいえ、本業ではガッポリの

はずだ。

昨日秘密結社の会合で飲みすぎて、

まだ寝ているかもしれない。


「ほわい、むしゃむしゃ」


な感じだと思う。

また、たろうさん以外にも水廻りに詳しい方や

風呂の修理の経験がある方は


是非是非教えてつかあさい。




人気ブログランキングへ

出会いと別れ

やっぱり夏はクジラさんだね。

 ↓

人気ブログランキングへ





いち抜けた私を羨望のまなざしで


見つめる諸君。

甘い。

カキ氷を作ろうと思って、シロップの海に

氷を乗せてしまったくらい

甘い。


ここはヤリ手ジジイのブログだ。

事件が無ければ意味が無い。

うふふ。





退去。

1、今いる場所から立ち去ること

2、大家さんが聞くと、一気にテンションが

  下がる魔法の言葉。

  別名「悲しい知らせ」。



民明書房刊 「大家の宿命(さだめ)」より。






と、いうわけで、8月末退去だ。

仕事の都合では仕方ない。

客付けバージンの私にとっては、

色々やることがいっぱいでR。

せっかくブログを書いているので、

色々な人達に、

あんなことやこんなことを聞きながら、

満室(一戸)を目指したいので

よろしくお願いたてまつり上げて候。








みんなベテランだから、

裏技を教えてつかあさい。


 ↓
人気ブログランキングへ


信じる者は救われる by イエス・キリスト

これ見たら、条件反射だよね。

 ↓

人気ブログランキングへ







奇跡。

1、自然現象を越えた出来事。

2、常識では起こりえない出来事。

3、めったにないが、あると驚きのあまり

  簡単に使ってしまう言葉。



民明書房刊「大げさな表現大全集」より





全国の滞納に悩む大家さん達。

あなた達との喜びや悲しみを、いつまでも

そしていつまでも共に味わっていたかった。

暑い日も寒い日も、

要らない物件情報が届く日も、


記帳をして「ジージー」鳴らない日も、

あなたと共に歩いた一ヶ月は、

私にとって輝いていた。




しかし、スマン。

本当にスマン。














いち抜けた。







追い込み大家を放棄し、ピュアエンジェルと

しての道を選んだ私に神様は






ビロビロビ〜ン




してくれた。

この際、貧乏神でも疫病神でも

そんなことはどうでもいい。

家賃が入っているという事実。

そこに意味がある。

しかも、



二ヶ月分。



支払いに苦労した店子さんに、

改めて感謝したい。




「人を信じて待ち続けることは、

それすなわちプライスレス。」



ヤリ・テ・ジ・G(1863〜)


大家として、ひとつ成長した。




涙でクジラさんが見えない。

 ↓
 人気ブログランキングへ


終戦記念日

良い子の諸君。

朝食を抜いてもダメだが、素通りもダメだ。

 ↓

人気ブログランキングへ





先日の予告先発ならぬ、予告滞納から

一週間が過ぎた。

時が過ぎるのは早い。

良く考えたら、家賃をいつもらえるか

まったく聞いていなかった。

これではイカン。

思い立ったが吉日。

おもむろに起き上がった私は

店子さんから滞納者へと、





クラスチェンジ




してしまった、元店子さん(ややこしい)に

ウィルコムから低電磁波を発信した。

発信音が鳴ってから、一度切れた。


「え?居留守」


と、思いながらも再度低電磁波を発信。

繋がった。


「ハロー!おげんこ?仕事はどうですか?」


のっけからテンションが高い私に反比例して、


「元気ないよ〜」


と、沈んだ声。

人の心が読める私には、すぐに分かった。








多分、元気がないんだろう。




割と用件をサッサと聞く私は、単刀直入に

家賃をいつ払えるか聞いてみた。

滞納者はこう答えた。



「月末締めの15日払いなんだよね・・・」



お、15日払いか!

日にちはちゃんと決まってるんだ。

ってことは、今7月だから月末締めで

15日払いというと・・・・・、












終戦記念日じゃん






ちょっと待て、まだ一ヶ月以上先だぞ?

しかもその日だと滞納二ヶ月になるじゃん。

なんぼなんでもそこまでは待てん。



「いや、さすがにそこまでは待てません。

少しでも良いので払ってください!」



と、心の声がこだました。

しかし、良く考えてみる。


督促をしないのは大家としては失格だが、





ピュアエンジェルとしては

クラスチェンジをする

チャンス!






と、私の中で誰かが囁いた。


「え〜、マジで?」


心の中では、囁きに抗議する自分がいた。

しかし、ポジティブシンキングな私は、


「ブログのネタ的にも素晴らしいチャンスだ。

読者も喜んでくれるに違いない!」


と、大家としてのスキルアップを放棄し、




ピュアエンジェルとして

飛躍する道を選んだ。



さあ、運命の8月15日。

どちらにとっての



終戦記念日


になるかは、神のみぞ知る。

うふふ。






やっぱジジイは痺れるぅうううう!

 ↓

人気ブログランキングへ

今日、天使が舞い降りた。

滞納3日目。

頭の隅から消そうと思っているのに、

日にちを数えてしまってる。

株で儲かってるので金銭的には無問題だが、

店子さんとの信頼関係が壊れるのが怖い。

ぶっちゃけ投資資金もあと一年で全回収だし、

慌ててはいないのだが、滞納が続くと

楽しい交流が出来なくなるのが一番嫌だ。

割とネタを豊富に提供してくれる店子さん

なので、私にとって大事な存在だ。

こういうこと言う人は、あまりいないと思う。

やはり私は、大家業界では異端なのだろう。

そこで、ハンドルネームはヤリ手ジジイだが、

何か人柄が分かる名称を追加でつけようと

と思った。

ブログの書き出し後、5秒で思いついた。

その名も、














大家業界の


ピュアエンジェル











セカンドネームみたいなものだ。

滞納に負けず、



ウルウルした瞳で預金通帳に

入金されるのを待つ。



大家業界の汚れ無き天使だ。

しかし、滞納で追い詰められることの無い様に

他でしっかり稼ぐ。

だって、ヤリ手ジジイだからね。

うふふ。


今日書くことは6時間前から決まっていた

のに、急にタイトルを変えたくなり、

変更した瞬間にこんな記事がスラスラ書ける

とは、私の脳みそもどうかしてる。

滞納脳か?

本当はもっと早く入力出来たらいいんだけど、

なんせ入力が遅い。

「お願いします」

と、入力しようとすると3回に1回は


「尾根ぎあします」


とかになってしまって、時間を食う。

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド
 
練習すれば良かった。





9位→10位→9位→10位

次は8位がいいな。

  ↓
人気ブログランキングへ 


他人の不幸はミツバチハッチ

少子化、景気低迷による長引く不況で、

国民生活は苦しくなる一方だ。

若年層の失業率は10%にもなるとの報告も

あり、事態は深刻さを増している。

我々大家業界も例外ではなく、空室問題、

家賃の値下げ、滞納など数多くの問題を

抱えている。

今日は、つい最近滞納問題が発生した

とある大家さんの苦悩について書きたい。

ちなみに本人からの了承は得ている。

その前に、クジクリ(ベアーさん命名)。


 ↓
人気ブログランキングへ 




その大家さん、とても堅実な投資で

順風満帆に経営していたそうだ。

その会話の模様をお伝えする。



大家  かくかくしかじか。

ジジイ うんうん。

大家  あーでもない、こーでもない。

ジジイ うんうん。

大家  なんでんかんでん。

ジジイ うんうん。



ジジイ ところで、詳細はどんな感じなの?



大家  あ〜だ、こ〜だ。

ジジイ うん、相模原で?

大家  ど〜して、こ〜して。

ジジイ 一戸建ての?

大家  うっふん、あっふん。

ジジイ 店子さんが?

大家  だっふんだ。

ジジイ 滞納した?ふ〜〜ん。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









「それ、うちだYO!」







というわけで、初滞納が決定した。

大家さんが通らなければいけない儀式。

滞納。

私は初体験だ。

初体験ということはアレだ。




ポッ。


いや、「ポッ」している場合ではない。

2年ぶりに、家賃0円生活になってしまう。

実に嘆かわしい。

詳細はこうだ。

昨日22時過ぎに着信あり。

多分家賃のことだと思い、折り返し

電話をする。

開口一番、「家賃の支払いを遅らせて欲しい」

とのお願い。

震災の影響で仕事が減り、金銭的に

キツイとのことだ。

ある程度予想は出来ていたこととはいえ、

頭の中はぐるぐる回る。



「返済は大丈夫か?


金利負担が大きくないか?


保証人に迷惑かけないか?


家賃が無くて、生活できるのか?







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









あ、俺現金買いじゃん!



店子さんの切実な願いを30秒ほど聞いた後

私はこう返事した。








「い〜〜よ〜〜!」






払えないものは仕方ない。

また、支払日の前日に、事前に電話をくれた

ことを大きく評価したい。

店子さんにはこう言った。



「信じていますので、





フライアウェイ




だけはしないでください。」

すると店子さんは、


「行くとこないので、それはしない」


との力強いお返事。




彼を信じてみたいと思う。







憐れみのポチ。

 ↓

人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

お問い合わせ

test

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

人気ブログランキングへ