counter カウンター ヤリ手ジジイと呼ばれたい Ver. 1.02(変才投資家) 〜株・不動産投資・小話〜

メガネスーパーは裏切らない 

メガネスーパーの株価を名言で例えてみた

相場は悲観の中に生まれ、(55円)

懐疑の中で育ち、(65円)

楽観の中で成熟し、(85円)

幸福感の中で(106円)

 

 

 

 

 消えていく(72円)

 

 

 

 

ジョン・テンプルトン卿がメガネスーパーの動きを予想していた。

 

やっぱり偉人は半端無い。

 

先日、メガネスーパーの事について書いたが、三田証券の行使は当たり前

 

として、三井住友信託銀行が1100万株、6,07%を売り抜けていた

 

事には正直驚いた。

 

担当者は、株のトレーダーしても良いと思う。ニヤニヤ。

 

これで100円近辺に大きなしこりが出来た事は間違いない。

 

やっぱり一株利益が2円のものが、300円になる事は無く、数日前の

 

盛り上がり以上に、多数のけが人を生んだ模様。

 

 

 

やっぱり株は雰囲気でやってはいけない。

 

 

 

 

by チャートで買った信用二階建ての決算跨ぎの銘柄が、

   粉飾決算で死に掛けた男より、愛を込めて。 

 

 

 

人気ブログランキングへ


我慢も不動産投資

久しぶりに不動産のお話。

 

どこかで、「悩んで前に進めないぐらいなら、とりあえず物件買え!」

 

みたいな話を見た事がある。

 

 

 

 

 

 

いや、やめたほうがいいよ

 

 

 

 

 

というお話。

 

私は一日三回ぐらいビログで、

 

 

 

 

 

 

 

価格じゃなくて、価値を買え

 

 

 

 

 

 

 

と、口が酸性で溶け出してしまうほど言っている。

 

日常生活で置き換えてみよう。

 

いつもは980円で売っているいちごのあまおうが、

 

超スペシャル人気販売員によって、5,000円で売られていたとしよう。

 

あなたがその販売員の大ファンで、どうしてもあまおうが食べたければ

 

5,000円で買うこともあるだろう。

 

しかし、興味の無い人や相場を知っている人からすれば、

 

 

「5000円のあまおうは普通に高い。」

 

 

という判断を下し、購入を控えると思う。

 

大好きな販売員の手がける5,000円のあまおうを食べて、心の充足感は

 

あるかもしれないが、

 

 

 

 

 

経済的損失の4,020円は永遠に埋まらない。

 

 

 

 

 

これを不動産投資に置き換えてみると、

 

本来の価値が一億円の物件を、一億二千万円で買ったとする。

 

そうすると、

 

 

 

 

 

 

経済的損失の二千万円は永遠に埋まらない。

 

 

 

 

 

 

という事になる。大根や人参を買う時に、いつもより20円安いと大喜び

 

するのに、不動産になると

 

「他の人が持っていないものを買える事に意義を感じて」

 

高値でも大喜びで買ってしまう。

 

とても不思議な世界だ。

 

そして、これが不幸の始まりなのである。

 

特に初めて物件を持つ人に多いのではないかと思う。

 

だが、自分の感情を抑制出来ないと、投資を始めたスタート時点で

 

ハンデ戦になってしまうのだ。

 

特に物件を持っていない人は、妙に劣等感を持っている人が多い気がするが

 

 

 

 

 

 

 

ハンデを背負った投資家よりはマシっす!

 

 

 

 

 

 

と、面と向かって言い切れるぐらいのスタンスが一番だ。

 

投資は誰かと競争しないといけないわけではないし、自分の基準を崩すと

 

大抵はロクな事にならない。後悔する原因にもなる。

 

また面白い事に、不動産の価格が永遠に上がり続ける事はない。

 

なので生きている限りはチャンスは巡って来るものだ。

 

上がり続けないという事は、下がる事もあるという事。

 

その予兆も出始めている。

 

 

 

 

年に二回ぐらいは、真面目ジジイと呼ばれたい

 

 

 

人気ブログランキングへ


こんばんは。含み益監視人です。

今日から、新しい肩書きが増えた。

 

改めまして、

 

 

 

 

 

 

含み益監視人です(でも無職)

 

 

 

 

 

メガネスーパーが、お約束どおりの安定の下げを見せる中、じっと耐え

 

ながら組んでいたポートフォリオがえらい事になっている。

 

結論から言うと、含み益ベースで年初来+48%の推移を見せている。

 

 

 

 

 

 

 

株って、簡単ですね!(フラグおっ立ち)

 

 

 

 

 

 

含み益が急激に増えて嬉しい反面、あくまで確定利益では無いので

 

「どうせ半分ぐらい値下がりするんだろうな」

 

という、微妙な気持ちも入り混じっている。

 

今日は本当にやる事が無いので、思わず落ちるナイフに手を出してしまった。

 

銘柄は6193 バーチャレクスコンサルティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

株って、簡単ですね!(暴落不可避)

 

 

 

 

 

ラーメンを食べに行ってたので、引けを持ち越してもうた。

 

さがっとるやんけ。

 

 

人気ブログランキングへ


3318 メガネスーパー ぱねえ

みんな、今日はメガネスーパー当然持ってるよね?

 

うん、私は当然持っていた。

 

 

 

 

去年ね!(白目)

 

 

 

 

というわけで、今日はメガネスーパーを素通りするわけには行くまい。

 

はんぱねえ上げ上げで、短期的に儲かったホルダーも多いだろう。

 

低位株の破壊力を思い知らされる。

 

実は私、去年この銘柄にかなり熱を入れていた。

 

NISA枠は全部メガネスーパーでパンパン買い。

 

GMOの信用枠でも買っていた。

 

7月の小田原での株主総会に参加する予定だったが、北海道行きのために

 

泣く泣くキャンセル。

 

 

 

「総会の日程変更とか無いですよね?」

 

 

 

と、IRと話して、先方が苦笑していた事を思い出す。

 

そんな私の机の下には、2017年1月31日までの株主優待券が

 

転がっている。

 

売買記録だと、大底は51円で拾い、最後に売ったのは76円と

 

記録されている。

 

低位株なのであまり大下げが無く、分かりやすい銘柄だった。

 

それほど熱を入れていたメガネスーパーを売った理由を

 

思い出してみた。

 

業績予想に失望して、ブン投げたのだった。

 

当時、債務超過クリアは規定路線。

 

月次の好調さから、上方修正も期待してホールドしていたが、まんまと

 

下方を出されたので処分。

 

ここの星崎社長。

 

顔は経歴を聞かなければ、

 

 

 

 

 

どちらの組織?

 

 

 

 

と思ってしまうほどの強面。

 

天領ミーティングと命名したりする事から、メガネ業界の織田信長みたい

 

なおっかねえ雰囲気の持ち主だ。

 

私が社員だったら、おしっこちびって退職すると思う。

 

ただ、熱心だし星崎社長が出した中期経営計画は魅力的だった。

 

計画通りに推移すれば数年で株価5倍も現実的だなと思っていたが、

 

実際問題、社長の業績予想が当たらない(笑)

 

頑張っている社長だとは思ったが、結果が伴わなかったので売った。

 

そして下方以外にも懸念材料があった。

 

発行済み株式数だ。増資に次ぐ増資で総数は1億8100万株。

 

これまたぱねえ。

 

ほとんどが大株主で極端な売り圧力にはならないが、やはり一株利益を

 

考えると、相当な業績回復が無いと厳しいと思う。

 

よくV字回復の比較に出される同業の「3046 JIN」の株数は、

 

約2400万株。やはり上値は重いだろう。

 

それと、従業員の士気を上げるためにストックオプションをバンバン付与

 

しているが、これも既存株主からすると不満がある。

 

そんな事を考えながらブン投げたわけだが、こういう低位株は年に数回

 

吹く時がある。

 

それはどういう時か?

 

みんな、本格的業績回復は先だと踏んでいるので、夢のある話に弱い。

 

今回の材料はいくつかあると思う。

 

 

1 三井住友信託銀行が大株主に名乗り出る

 

2 音沙汰不明だったbgが、EXPOに出展

 

3 ソフトバンク関連の企業と協業

 

4 ツイッターでの煽り

 

 

突如、三井住友信託銀行が大株主に名乗り出たら、妙な安心感が広がって

 

思惑で買いたくなるし、bgで新しい顧客を開拓出来れば業績に寄与しそう

 

な気になるし、ソフトバンク関連と絡めば何となく嬉しいし、

 

ツイッターで煽られれば

 

 

 

 

ユー、買いたくなるでしょ?

 

 

 

 

 

そんな感じで上げているメガネ。

 

全部、業績とは無関係だ。

 

なのでぶっちゃけまた下がると思う(小声)。

 

これ、EXPO前日か当日の午前あたりがピークで、あとはショボーン。

 

ジャンピングキャッチャーの屍が、高値のシコりになる悪寒。

 

日計りの空売りとか巻き込んだら面白そうだけど、そこそこの値段に

 

なったら、大口も行使してきて、株価は下がるのではないかと思う。

 

昔だったら絶対に参戦していたけど、今年は本当に我慢している。

 

SBIのフル板を維持するため以外は、ほぼノートレだ。

 

暇で仕方ない。

 

おっと、このままだとメガネスーパーファンに刺されそうだが、

 

一つだけ言っておく。

 

10年間寝かせておけるお金があるなら投資してもいいかも。

 

私は業績回復に相当の時間がかかると踏んでいるが、10年銀行に預ける

 

お金があれば、メガネスーパーを100株持っていても良いと思っている。

 

その理由は、

 

 

1 ストックビジネスにシフトしてきて、顧客を囲い込んでる

 

2 業績が回復基調

 

3 囲い込んでいるので、高価格帯の商品が売れる

 

4 bgが化けるかも

 

5 優待がある

 

6 クソ株なので、下値不安が小さい

 

7 M&Aをしているので、国内の中小メガネ店を吸収して大きくなる可能性

 

 

 

大化けするなら7番が濃いかも。時間もかからないし。

 

というわけで、高値掴みして腹が立っている人が、このビログを見ている

 

可能性も考えてリップサービスしてみた。

 

元ホルダーとして、現ホルダーには頑張って欲しい。

 

 

メガネスーパーで儲けた人は、ご祝儀で押してね!

 

人気ブログランキングへ


PCデポ 上方修正の可能性?

昨日コメントをくれた、さーてんぷさん。

 

私の知ってるさーてんぷさんなら、有能若手投資家である。

 

ベトナム株ならさーてんぷ。

 

 

 

 

お笑い担当はヤリ手ジジイ

 

 

 

 

という、明確な線引きが出来ている間柄だ。

 

ベトナム株でドーンと(←今日の肝)儲けたいなら、彼と仲良くなるべし。

 

さーてんぷさん。これだけ持ち上げたから、今度なんかくれ。ニヤニヤ。

 

というわけで、PCデポの月次の続き。

 

実はつい最近まで「つきじ」と読んでいたのは、読者と私だけのシミツ。

 

まあ、それはおいといて、1月10日に発表された月次の数字を並べよう。

 

これを見ると

 

 

 

 

 

第三四半期の合計は

 

81.5%

 

プレミアムサービスの会員の解約率が減少傾向にある事と、物販の売上は

 

増加傾向にあるので、これ以上の大幅な減少は考えづらい。

 

よって、この81、5%を基準に考えてみたいと思う。

 

今回はデポに若干不利な条件で計算してみる。

 

下期の数字を、今までの実績に無い数字80.5%で計算してみた。

 

 

 

 

 

 

これで、上期と下期を合わせた通期の増減率は89.1%。

 

ちなみに会社が出した今期の修正予想は、

 

 

売上高  営業利益 経常利益  純利益

 

455億  29.5億  30億   19.9億

 

 

である。

 

去年の売上に私がシミュレートした増減率89.1%を掛けてみる。

 

そうすると、売上高は461.3億

 

あれ?厳しい数字で計算してるのに、

 

 

 

 

 

会社予想より上じゃね?

 

 

 

 

 

もちろん、売上の内訳がハッキリと分からないし、また大事件が発生すれ

 

ばこの前提は崩れるわけだが、以前私が適当に言った会社は保守的な予想

 

に近い感じになりそうだ。

 

この私が導き出した結論からすると、

 

会社の月次が最低ラインで推移しても上方修正の可能性はあるし、

 

場合によっては上乗せの可能性もある。

 

上乗せの可能性とは・・・・・

 

 

 

ウィンドウズ VISTAのサポートが2017年4月に終了

 

 

 

これに尽きる。

 

OSのサポートが終われば、当然買い替え需要が沸く。

 

もちろん全ての需要をデポが取り切れるわけではないが、どう考えても

 

デポにとっては追い風になる。

 

4月にサポートが終了するという事は、その前の1月2月3月から

 

買い替え需要が増す事は間違いない。

 

つまり、下期の売上に直で影響する。

 

買い替えの時はイコール、プレミアムサービスの獲得のチャンスでもある

 

わけで、私はこの辺が業績の回復ポイントになると踏んでいる。

 

てか、ここで回復しなかったらデポは終わりだと思うので、持ち株は

 

処分する。

 

あと、先日の月次を受けて株価があまり下がらなかった理由も考えた。

 

よくよく考えたら、

 

 

 

 

3月の優待取りレースが始まるやんけ

 

 

 

 

私は最近知ったのだが、デポの優待券はヤフオクで普通に売れる。

 

額面の90〜95%ぐらい?

 

それを考えると優待も美味しくなる。

 

株価640円ベースで考えると、

 

配当利回り 2,03%

 

優待利回り 1.56%

 

総合利回り 3.59%

 

 

 

 

私の心の利回り  283%(幸せ一杯)

 

 

 


となり、私の心の利回りには遠く及ばないが、総合利回りはかなり美味し

 

い水準だと思う。優待は、大体2ヶ月前ぐらいから意識する感じなので、

 

暴落が来たら拾いに行く個人も多そう(Zukaさん筆頭に)。

 

そうなると、下値は知れているし、上値は月次次第で伸びそうな

 

気がする。

 

いや、伸びてください(涙目)。

 

毎日の値幅に神経をすり減らしていた頃とはだいぶ違う自分が

 

ここにいる。

 

株は最終的にファンダメンタルに収束するのでゆっくりと待ちたい。

 

 

 

ポチしてくれると更新頻度が二ヶ月に一度から、三ヶ月に二度に増える

 

増量キャンペーン中。

 

 

人気ブログランキングへ



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

人気ブログランキングへ